不倫慰謝料を請求された|状況別徹底解説

不倫が発覚し、慰謝料を請求されてしまった。

このような状況は人生に何度となく、どうしていいか分からず焦ってしまっている方も多いかと思います。

内容が内容なので、周囲に相談しづらい。

当事務所は、「慰謝料を請求された側」の方からのご依頼に注力しており、これまで多くの減額を達成してまいりました。

このページでは、慰謝料請求をされたケースの論点や段階、状況ごとに分けて、徹底的に解説します。

前提知識編:慰謝料について知る

慰謝料の相場はどれくらい?

慰謝料の相場は、被害者夫婦が「離婚した(する)かどうか」で大きく変わることが多いです。

被害者夫婦が離婚した(離婚する)場合の相場は、100~200万円程度です。

一方、夫婦関係を修復し離婚しない場合の相場は、50~150万円程度です。

どこからが「不倫」になる?

不貞行為とは、基本的に肉体関係を持つことを指します。

ただ、仮に肉体関係がない場合でも、二人きりで食事に行く、デートをするなどがかなり高い頻度で行われているなど、夫婦関係を破壊しかねないようなものであれば、不貞と同等の行為が行われたものとみなされて慰謝料の支払義務が発生することもあります。

請求はどんな方法で行われる?

不貞慰謝料の「証拠」について

証拠が無くても支払わないとダメ?

勝手に見たスマホは証拠になる?

不倫・浮気調査や尾行は違法?

LINEのやり取りは証拠になる?

証拠のLINEを消してしまった

満額支払いは納得いかない!

既婚者だと知らなかった

既に解消した不倫関係だった

一度しか関係を持っていない

相手の夫婦関係が元々悪かった

慰謝料減額のための対応

内容証明郵便が届いたら

慰謝料請求の通知書が届いたら

交渉をご自身で進めるリスク

慰謝料請求された場合の対処

弁護士に依頼するメリット

弁護士に相談・依頼するタイミング

不利にならない示談書作成ポイント