1. HOME
  2. ブログ
  3. 慰謝料減額Q&A
  4. 不倫の証拠のLINEを消してしまった!どんな問題が発生するの?

コラム

COLUMN

慰謝料減額Q&A

不倫の証拠のLINEを消してしまった!どんな問題が発生するの?

不貞行為の証拠_LINE

自分が不倫している証拠のLINEを消してしまったら、どういった問題が生じるのでしょうか?

違法行為にならないのか、その他のリスクがないかなど、正しい知識をもっておきましょう。

今回は不倫の証拠のLINEを消してしまったときの問題や対処方法を弁護士がお伝えします。

 

LINEのトークを消すと証拠が失われる

不倫相手との間でLINEトークをしている場合、その履歴が「不倫の証拠」になる可能性があります。

特に相手の家に宿泊したり一緒に旅行にでかけたり性交渉に関する記述があったりすると、トーク画面が決定的な不倫の証拠になるケースも少なくありません。

 

それにもかかわらずトーク画面を消してしまったら、慰謝料を請求したい方にとっては証拠を得る機会が失われることになります。

 

LINEのトークを消しても犯罪にならない

「LINEトークを消去したら、違法になるのでは?犯罪が成立するのでは?」と心配される方もいます。

ただ、すでにスマホ内にダウンロードされたデータにアクセスしたり消去したりしても、犯罪は成立しません。

データは「物」ではないので器物損壊にもなりませんし、そもそも器物損壊罪には過失犯がありません。

 

LINEトーク履歴を消してしまっても、それ自体が犯罪行為となるリスクはほぼないといってよいでしょう

しかし、LINEトーク履歴を消したことを相手方に把握された場合、相手方の気持ちを害してしまい交渉が決裂してしまうリスクはありますし、仮に裁判になった場合には不倫を隠蔽しようとしたとして慰謝料の増額に繋がってしまうリスクがあります。

 

間違ってLINEトークを消してしまったときの対処方法

間違ってLINEトークを消しても、バックアップデータがあれば復元可能です。

LINEトークを消したくない場合はを事前にバックアップを取っておくとよいでしょう。

バックアップがあれば、万一LINEトークを消してしまっても、バックアップデータから復元すればもとの状態に戻せます。

 

不倫慰謝料問題でお困りの際にはお気軽に東京弁護士法人の弁護士までご相談ください。

関連記事