1. HOME
  2. ブログ
  3. 慰謝料減額Q&A

コラム

COLUMN

慰謝料減額Q&A

キャバクラや風俗の客と男女関係になると、相手の妻から慰謝料請求される可能性があります。
風俗などにお勤めの方で「仕事」で肉体関係を持ったとしても不倫慰謝料が発生するのでしょうか?

裁判所は風俗嬢の場合、慰謝料支払義務は基本的に発生しないと考えています。
なぜなら風俗嬢の場合、風俗嬢の「仕事」として肉体関係を持つことが前提となっているためです。
この記事ではキャバクラや風俗で働く方が客と肉体関係を持った場合でも不倫慰謝料を払わねばならないのか、弁護士が解説します。

詳しい解説を読む

ダブル不倫で双方の夫婦が請求できる不倫慰謝料の金額は同じ?

ダブル不倫が行われると、双方の夫婦の配偶者がそれぞれ慰謝料請求するのでお互いの夫婦で慰謝料を払い合うような結果になってしまうケースがよくあります。
それであればお互いが請求をせず「ゼロ和解」することによって解決すれば良いと考える方も多いでしょう。
しかし2組の夫婦が請求できる慰謝料額が同額とは限りません。
一方の慰謝料額が高額で他方が低い場合、ゼロ和解をすると高額な慰謝料を請求できる側が損をしてしまいます。

詳しい解説を読む

ダブル不倫において、4者間で示談書を作成する際の注意すべきポイントは?

ダブル不倫が発覚すると、当事者双方の配偶者が相手へ慰謝料請求する可能性があります。

しかし夫婦単位でお互いに慰謝料を払い合っても意味がないので「4者間和解」をして解決するケースが少なくありません。
以下ではダブル不倫で4者間和解をする場合の示談書作成における注意点を解説します。

詳しい解説を読む

W不倫(ダブル不倫)の場合、双方の夫婦で配偶者がそれぞれ相手方に対し、慰謝料請求を行うケースが多々あります。
W不倫で双方の夫婦が不倫慰謝料を請求しあっているときの解決法は?

お互いに慰謝料を請求しあっている場合、それぞれが払い合っても結果的に相殺に似た状態になってしまい、意味がない場合が少なくありません。

そんなときには4者間和解するのが1つの解決方法となってきます。

詳しい解説を読む

不倫関係となった相手が美人局だった場合、慰謝料の支払い義務はあるのでしょうか。

出会い系サイトなどで知りあった女性と関係を持つと実は既婚者で、女性の夫が出てきて慰謝料請求されるケースが少なくありません。
そういった事例の中には、女性と夫が結託している「美人局(つつもたせ)」のケースが含まれています。

この記事では、不倫相手と配偶者が結託して「美人局」をされた場合の不倫慰謝料の支払義務について解説します。

詳しい解説を読む

「不倫慰謝料と離婚慰謝料は違う」などと言われて慰謝料を追加請求された場合、払わなければならないのでしょうか?

不倫慰謝料を払った後、夫婦が離婚したからといって相手の配偶者から別途慰謝料を請求されるケースが稀にあります。

不倫されたときに請求できる慰謝料には、不倫慰謝料と離婚慰謝料の以下の2種類があります。
離婚慰謝料は配偶者が支払うべきものであり、不倫相手に支払義務はありません。

詳しい解説を読む

結婚している人と旅行や宿泊をしましたが、性行為をしていません。この場合でも不倫になるのでしょうか?

法律的な理解では配偶者のある人と「性行為」をすると、不貞になりますが、一方、性行為がなかったら不貞にはなりません。

今回は配偶者のある人と旅行や宿泊をした場合のリスクや不倫になるのかどうか、慰謝料請求されたときの対処方法をお伝えします。

詳しい解説を読む

相手夫婦が別居した後の不倫なのですが、慰謝料は払わないといけないのでしょうか?

結論として、相手夫婦の別居後に不倫が開始したなら慰謝料を払わなくてよい可能性が濃厚です。ただし状況によっては慰謝料が発生する可能性もあるので、正しい知識を持っておきましょう。

今回は相手夫婦の別居後の不倫で慰謝料が発生するのかどうか、弁護士が解説します。
別居後の不倫で慰謝料請求されてお困りの方はぜひ参考にしてみてください。

詳しい解説を読む

性交渉を強要された場合でも不倫になりますか?慰謝料を払わなければならないのでしょうか?

こちらが望んでいないにもかかわらず、性行為を強要されてしまう方が少なからず存在するのです。

結論からいうと、性行為を強要されたなら慰謝料を払う必要はありません。
ただし「強要」の程度により、結論が変わってくる可能性もあります。

今回は性行為を強要された場合や合意がなかった場合に不倫慰謝料が発生するのか解説します。

詳しい解説を読む

LINEやメールで不倫慰謝料の金額に合意してしまった場合はどうなる?

不倫がバレて相手の配偶者から慰謝料を請求されたとき、思わずLINEやメールで「それでいいです」「支払います」などと返答してしまう方が少なくありません。
正式な合意書がなくLINEやメールであっても約束したら慰謝料を払わねばならないのでしょうか?

今回はLINEやメールで慰謝料の金額に合意してしまった場合の効果や対処方法を弁護士がお伝えします。

詳しい解説を読む